計測エンジニアのトップページへ
無料見積もりフォーム
事業省エネ・省コストラインナップ
空手教室のご案内
測定器点検校正
対象測定機・校正点検用工具
測定機点検校正の内容
測定機年間保守・不具合調査
正しい測定を行うには
エコ事業
空調工事・エアコンクリーニング
ESCO事業
会社案内
会社概要
無料見積もりフォーム

空調工事・エアコンクリーニング・業務用エアコン分解洗浄・フィルター清掃

測定機年間保守・不具合調査
お見積りフォーム

経営理念
表面粗さ形状測定機(サーフコム) 輪郭形状測定機(コンターレコード) 真円度測定機(ロンコム)

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。お電話・FAX でも受け付けております。

ページ内リンク

表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正

・駆動部のカバーを開け、真直面の清掃及び注油をします。
・次にコラム( 支柱) の真直面の清掃及び注油をします。
・外観全体の清掃をし、全体の動作が正しく動作しているかを確認します。
・各部にガタや緩みが無いか確認し、あるようなら修正します。

表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正 表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正 表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正 表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正 表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正

点検工事
点検工具

@ 電子天秤にて、測定圧力を確認します。
( 触針は標準タイプで確認)
A レベル調整台の上に倍率校正器を載せ、平行調節をします。
倍率校正を行い、各倍率で縦倍率相対誤差を確認します。
(Z 方向)
B 標準片の大範及び小範を測定し、誤差の確認をします。
同時に 横倍率誤差を確認します。
C レベル調整台の上にオプチカルフラットを載せ、 平行を出し てから真直度精度を測定します。


TOPへもどる
TOPへもどる

ページ内リンク

輪郭形状測定機(コンターレコードシリーズ)の点検・校正

・駆動部のカバーを開け、真直面の清掃及び注油をします。
・次にコラム( 支柱) の真直面の清掃及び注油をします。
・外観全体の清掃をし、全体の動作が正しく動作しているかを確認します。
・各部にガタや緩みが無いか確認し、あるようなら修正します。

表面粗さ形状測定機(サーフコム)の点検・校正 輪郭形状測定機(コンターレコードシリーズ)の点検・校正 輪郭形状測定機(コンターレコードシリーズ)の点検・校正 輪郭形状測定機(コンターレコードシリーズ)の点検・校正

点検工事
点検工具

@ 電子天秤にて、測定圧力を確認します。
( 触針は標準タイプで確認)
A X 軸・Z 軸の可動範囲を確認します。
B レベル調整台の上に校正台を載せ、平行出しをします。 その 後に倍率校正をします。
( タイプによってはマスターボール校正ユニットを使用します)
C 校正台を平行調整した後、Z 軸の指示精度をブロックゲージに て確認します。( 広範囲)
D レベル調整台の上に倍率校正器を載せ、平行調節をし、Z 軸指 示精度狭範囲を確認します。
E レベル調整台の上にオプチカルフラットを載せ、平行を出して から真直度精度を測定します。
F X 方向の精度をピッチゲージにて確認します。


TOPへもどる
TOPへもどる

ページ内リンク

真円度測定機(ロンコムシリーズ)の点検・校正

・Z 軸及びR 軸方向の真直面の清掃及び注油をします。
・外観全体の清掃をし、全体の動作が正しく動作しているかを確認します。
・各部にガタや緩みが無いか確認し、あるようなら修正します。

真円度測定機(ロンコムシリーズ)の点検・校正

点検工事
点検工具

@ エアー圧の確認をします。同時にエアーフィルターの汚れの確 認をします。
A 回転テーブルのレベル出しをし、水準器にて 水準確認をします。
B 倍率校正器にて倍率校正を行います。
C マスターボールにて回転精度を測定します。
( 半径方向及び軸方向)
D マスターボールにて偏心補正・零点補正を確認します。
E 円筒スコヤにて0 度方向と180 度方向を測定し、コラムの平 行を確認します。
(Z 軸平行度)
F オプチカルフラットにて、Z 方向の真直度を測定し 確認します。
G テーブルのレベル出しをし、オプチカルフラットにてR 軸方向 の真直度を測定し確認します。
H オプチカルフラットにてR 軸方向の平行度を測定し 確認します。


TOPへもどる
TOPへもどる

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合せ下さい。

サイトマップ

---

国際真竹門空手道 バナー

Copyright (C) 2010 計測エンジニア合同会社 All Rights Reserved.